enonaiehon

私の第三十四夜をつづります。

唐突な葉書を出して。

 

3月からの巣ごもり暮らしのなかで、何通かの葉書を書いた。

遠くに住む人、近くに住みながら久しく会えない人の姿が、停滞した時間の波間に時折り浮かび上がった。その人にあてて、絵葉書の裏の半分のスペースに懐かしい気持ちを短く綴った。

昨日も、近くに暮らす人にあてて、唐突な内容の絵葉書を書いた。
唐突な内容の中身は、『アンという名の少女(Anne with an "E")』という海外ドラマを観始めた…というもの。

その人と私は、地元の同じ小・中学校、高校に通った。その後、海外や東京暮らしが長かったその人は、数年前に平塚に戻ってきた。
お互いに、子どもの頃のごくわずかな思い出を共有しているだけなのに、私にとってその人は、唯一無二の特別な存在になった(子どもの頃に使っていた言葉で言えば、”崇拝”の対象に近かった)。その人の何をも理解しているわけではないのに。

『お互いに70歳に手が届く年代になって、中学生だったあの頃とは様変わりした今、こんな葉書に当惑するかも…』とためらいもあった。それでも、昔の気持ちのままに思い切ってポストの中に滑り込ませた。

 

出してしまった唐突な葉書は、今頃、どう伝わっているのだろう? 
受け取ったのが私だったら返事に困りそうなので、「読み捨てて」と最後に書いたのに、まだちょっとどぎまぎしている。
今度、街角で逢えたら、私の唐突な葉書について、マスク越しに短いおしゃべりをしたい。きっと笑ってくれるだろうな。

 

9月23日の海f:id:vgeruda:20200924113824j:plain


夕波を横切る人f:id:vgeruda:20200924113838j:plain

 

沖合を進む幻のような客船f:id:vgeruda:20200924113905j:plain

 

「なんて素敵なプレゼント!」

 

コロナ禍という檻のなかで、思わず目が輝くような素敵なことに遭遇する機会はとても少ない。

でも、今朝、思わず目が躍った。
スタジオジブリの作品の場面写真で、「常識の範囲で」自由に使えるものが公開されたのだ。

飛びつくような気持ちで、私を誘惑するいくつかの場面写真…水や水面が美しく描かれている場面…をPCにダウンロードした。

(『ジブリさん、ありがとう。綺麗な水の場面の絵を「enonaiehon」に迎えることができました。』)

 

 

~『千と千尋の神隠し』から~

 

透き通った水の中にレールが沈んでいる風景…、かつてどこかで、これと同じ世界に迷い込んだ記憶がある。だから、この水の表現に心が吸い込まれてしまう。なんて美しい世界。

(今回、”カオナシ”の喉元にカエルが透けて見えることに、初めて気がつく…。”カオナシ”は不気味で切なくて哲学的な存在だ。)

f:id:vgeruda:20200919123400j:plain

 

生命は透過されない?

f:id:vgeruda:20200919123424j:plain

 

この電車に乗って、どこまでも果てしない透き通った水面を滑っていきたい。
でも、この場面を思い出せない…。

f:id:vgeruda:20200919123437j:plain

 

 

 

~『思い出のマーニー』から~

f:id:vgeruda:20200919123503j:plain





9月半ば…雲間の向こうの光。

 

年老いて、いつのまにか澄んだ瞳、輝く瞳、まっすぐな気持ちを見失った今だからこそなのか、いつのまにか光を失った国の現実の姿を日々、まざまざと目の前に突きつけられて気が滅入ってくる。


今こそ、明るい瞳、未来や世界が広がってゆくような瞳を持つ人に、国の政治を託したいと思うのだ。
今こそ、自己実現のためではなく、広く人々のために公正に権力を用いることができる人、”実”のある言葉で分け隔てなく人々を得心させ、励ますことができる人、ごまかさずに、失敗したら潔く責任を取ることができる人、そういう人に国の政治を託したいと思うのだ。

 

その人に、聖人君子の人格、超人的な能力を求めているわけではない。
自分のビジョンを私たちに率直に語りかける人…そういう政治家が思い描いている”国の姿”というものをちゃんと見て確かめたい、ちゃんと理解してみたいだけだ。

 

希望をもって安心して生きてゆける”国の姿”を人々と共に思い描き、追い求めてゆく人はどこに?

共に思い描き、追い求めてゆくことを問われているのは、人々自身だ。

今は行く手に大きな雲が広がっている。
その雲間の向こうにきっと、希望の光を育ててゆく人々がいる。
今だからこそ、その未来を信じる2020年9月15日。

 

〔今、衰えてゆく夏〕

f:id:vgeruda:20200915121735j:plain

f:id:vgeruda:20200915121745j:plain

 

 

新しい季節は?

f:id:vgeruda:20200909115802j:plain平塚海岸から見る9月8日の夕焼け

 

 

どこかで期待していた。
政治の季節が新しく移り変わる気配を。

現実には、ほとほとうんざりの残暑が終わりそうもないのだった。
(鬱陶しく居座り続ける気圧配置が恨めしい。)

 

野分の季節。

台風一過。

抜けるような青空。

新しい季節を知らせる風。

いつ吹き始めるだろうか。

新しい季節を呼び込む新しい気圧配置図を早く見たい。

 

 

 

 

 

”一房の葡萄”の向こうに。

 

f:id:vgeruda:20200904205235j:plainヒヨドリの雛(8月9日)

 

 


ベランダの前に鬱蒼とはだかるカイヅカイブキ
今夏、その緑の奥から、ヒヨドリの雛が巣立った。

 

8月は、来る日も来る日も、ほとほと暑かったし、熱かった。
毎日、グツグツと煮え立つシチュー鍋か、空焚きしたフライパンの上で暮らしているような気がした。

そんな日々のなか、ふと気がついた。
『このところ、ずっと雛がエサをおねだりするような声が聴こえているなぁ…』と。

で、その所在を確かめようと、ベランダに出てみた。
啼き声の方向に耳を澄ませる。
単眼鏡を覗く。
啼き声の在処を見定める。

『いたいた…』

家族にも見てもらう。
ベランダの前のカイヅカイブキの緑のなかで、ヒヨドリが子育てをしていたのだった。

 

ヒナは何しろ、一日中おなかを空かせて啼き続けた。
親鳥は、威厳を感じさせる声で、時々短く啼くのだった。

 

眼にはさやかに見えねども…処暑を迎える頃となった。
親子の声や姿は、少しずつ遠のいていくようだった。

 

9月になった今、カイヅカイブキの緑にからまるブドウの木には、”一房の葡萄”が残るだけとなった。

(甘いのだろうか? 酸っぱいのだろうか?
ベランダから手繰り寄せて、一粒味わってみたい気がした。)

そして昨日、再び雛の啼き声がヒィヒィと聴こえた。
ベランダに出てみる。
単眼鏡を覗く。

『いたいた…』

あの”一房の葡萄”の奥に、ヒヨドリたちの姿があった。
前よりずっと近い場所で、しかも目の高さだった。

すると、親鳥が鋭く啼き続けながら、カイヅカイブキの枝をバサバサと渡ってベランダのほうへ近づいてくる。

あっという間に親鳥はベランダの手すりの上に留まった。そしてなおも鋭く啼く。横目で私を見ながら…はっきり、怒っている…。

『申し訳なかった! 近くで覗いたりして…つい、見たくなって…』

恐縮した私がすごすごと部屋に戻ろうとすると、親鳥は再び、バサバサとカイヅカイブキに戻っていった。

(8月のヒヨドリの個体と同じだろうか? 別の個体だろうか?
もう、観にいったりしないからね…。)

 

 

f:id:vgeruda:20200904205532j:plainブドウの小さな実をくわえる親鳥(8月9日):雛のための水分補給用? 

 

f:id:vgeruda:20200904205612j:plain立派に実った一房(8月9日)

 

残り少なくなった実(9月5日):
9月のヒヨドリたちは、この”一房の葡萄”の左手奥に棲んでいる。

f:id:vgeruda:20200905095857j:plain

 

終わっちゃいなかった。

 

 

喜びの感情は短い。あっという間に消えてゆく。
喜びの感情や幸福感より、悲しさ、口惜しさ、怒りの感情のほうがずっと長続きする。
なぜだろう? 生き残るため、生き延びるためには、そちらのほうが都合がよいのだろうか?

 

つかの間の喜び。

例えば…古い映画『鉄道員』をなつかしく観て…。
そのラスト近く、鉄道員の妻が斜め右上を見上げ、魂を遠く飛び立たせたような表情を浮かべるシーンがある。
映画のなかでその構図は二度繰り返される。
二度目となるラスト近くのシーンでは、その眼は、その表情は、すでに宗教的な光をまとったように見える。
(それと同じ眼をグレコの絵の中で観たことがあるように思った。調べてみると、それは『改悛するマグダラのマリア』(ウースター美術館 アメリカ)に描かれた眼・表情だった。私にとって、こんな小さな発見がつかの間の喜びだったりする。)

 

つかの間の喜び。

例えば…残暑の中で、いっとき涼しい風を感じる時…。
例えば…残暑の中で、高い空、風に梳き流されてゆく雲を見上げた時…。
(いつも、季節が進むなかに、つかの間の喜びがある。)

 

つかの間の喜び。

例えば…現政権の終焉を告げる報道に接して…。
(しかし、その喜びの余韻に浸る間もなく、現政権を継承・維持する政権が誕生するのだと知らされた。)

 

逆戻りだ…何もまだ終わっちゃいなかった。
喜びは本当に長続きしないものなのだ。

 

【進んでゆく季節】

f:id:vgeruda:20200905122240j:plain9月3日の空と雲

 

f:id:vgeruda:20200905122255j:plain9月3日の波:台風の季節が始まる。

 

f:id:vgeruda:20200905122317j:plain9月3日の風

 

f:id:vgeruda:20200905122336j:plain色づきはじめたドングリ

2020年8月28日…。


 

その日はやって来た。
8年間、踊りつづけていた”赤い靴”がその動きを止めた。

政権の中枢で踊りつづけることが自己目的化しているように見えた。

私にとって、その踊りは長かった。
踊りの渦に巻き込まれ、周りの社会が崩れてゆく様子を、ジリジリしながら見続けてきた。
諦めと徒労感があった。
私のなかにあるべき光を見失っていった。
そんな時間も止まった。

私はまだ眼が回っているような感じがする。
けれど、もう”赤い靴”の踊りを見続けなくてすむ。
ただただ、ホッとした2020年8月28日。

 

海を見たくなる。波の音を聴きたくなる。

浜辺や波打ち際には、”素足”の人々が休日を楽しんでいる。

まるで、♫ 九月になれば COME SEPTEMBER ♫のメロディが重なるような風景。

この夏の残暑でボロ雑巾のようになっていた私にも、何だか、新しい朝、新しい季節が待っているような気がしてきた。
とりあえず、わずかな時間であっても…。

 

f:id:vgeruda:20200830112459j:plain

f:id:vgeruda:20200831161332j:plain



家に帰って、”素足”を洗う…何と気持ち良いこと…。