enonaiehon

私の第三十四夜をつづります。

ミャンマーの行方は?

 

 

6日朝、ミャンマー民主派、「防衛隊」設立を宣言 国軍に対抗(ワールド 2021年5月6日)というロイターの記事を見た。
そして、そこに掲げられた写真は、この宣言より1か月ほど前に撮られたものだった軍事クーデターへの抗議デモで、手製のエアガンを構える抗議者ら。ヤンゴンで4月3日撮影、提供写真(2021年 ロイター))。

写真の中で銃を構える青年たちの姿(実戦経験を持っていない?姿)に、不安を覚えないではいられなかった。
そして、5日に「防衛隊」設立を宣言した【ミャンマーの民主派勢力の「挙国一致政府(NUG)】とは、どのような組織か?と思った。

少なくとも、最近読んだ新聞記事【少数民族勢力 抵抗か静観か ミャンマー国軍と戦闘 結集不透明朝日新聞』2021.5.1 朝刊2面】に、そのような動きは書かれていなかった。

2020年1月半ばにミャンマーを旅した私にとって、その5月1日の新聞記事で印象に残ったのは、シャン州のパオ民族解放機構の指導者の次の言葉だった。

「内戦が深刻化すれば、大量の難民が生まれ、紛争が30年は続くだろう。解決には交渉しかない」

 

ミャンマーの内戦化を予想させるようなロイターの報道と、日本で今なお太平楽を並べ続けている私との落差を思う。
(カックー遺跡近くでパオ族の女性のターバン姿を写真に収めた観光客の私は、結局、何も見てはいなかったし、今もきっと、何も見えていないのだ。)

それでも、思わないではいられない。

『私が今、ミャンマーに生きる若者だったら、あの「防衛隊」の道筋に進むのだろうか? それとも交渉の道筋を選ぶのだろうか? そして将来、日本の人々が、ミャンマーと似たような事態に直面した時、人々はどこへ向かうのだろう…』と。

 

≪追記≫
午後になって、もしや?と、ミャンマーについての朝日新聞の切り抜き記事を読み返してみた。
すると、すでに4月26日、5月2・3日の記事のなかで、「NUG」について取り上げられていることが分かった。
その4月26日夕刊の記事では、「1988年の民主化運動に参加したメンバーら7人」が中心となって、4月に「統一政府」(NUG)を樹立したことが書かれていたし、5月2日の記事では「4月16日 スーチー氏の支持者らが「統一政府」の樹立を宣言」とあった。

(事程左様に、私が何を見ても・読んでも、情けないことに、”何も見ていない・読んでいない”ことが明らかになってしまった。)

 

 

クロード・モネ(5月5日 人魚姫の公園で)f:id:vgeruda:20210506112354j:plain

 

憲法記念日の朝刊

 

2021年5月3日。
憲法記念日の朝刊を読む。1面には全国世論調査(郵送)結果の概略が出ている。

郵送による世論調査・・・確かに、6・7面にはその質問内容と回答結果が詳細に示され、「有権者の意識を探った」分析が展開されている。
また8面では、いつもの"オピニオン”の紙面で、憲法をテーマとする読者の「声」と社説が続き、さらに9面では、世論調査部による「記者解説:改憲 拮抗する世論」が組まれていた。
そして、紙面はそれだけで終わっていない。
2面(”総合2”面)には「憲法あっても途上の平等」、3面(”総合3”面)には「権利制限する「緊急事態条項」」の記事、さらに5面の「憲法を考える」では「女性の闘い 得たものは」として、”世界のジェンダー平等の歩み”や、大日本帝国憲法日本国憲法のもとでの日本の運動の歩みがまとめられている。
加えて、10面には「武力で暮らしは守れない!」(市民意見広告運動/市民の意見30の会・東京)の全面広告、20面には「市民の声はここに 憲法を守り、いかす政治を 5月3日憲法記念日」(戦争する国づくりストップ!憲法を守り・いかす共同センター)の全面広告。
そして、最後の25面(”社会”面)では「緊急事態下 感じた憲法」の記事がおさまっていた。

紙面にこめられた熱量を感じた。
こうでもされないと(新聞から言葉を投げかけられなければ)、コロナ禍のなか、時代の足音に鈍感になっている私は、当たり前のように巡ってくるこの五月の祝日の一日を、のほほんと通り過ぎてしまうところだった。

紙面の熱量に気圧された私は、日本の現状にとどまらず、去年の1月に旅したミャンマーの今、悪夢のように暗転してしまった今について、思いをはせないではいられなかった。

ミャンマーの人々は、どのような憲法を掲げているのだろう? これからの新しい時代に向かおうとする若々しいエネルギーを感じさせた人々は今、自分たちの憲法をどのように意識しているのだろう?』と。


そのミャンマー憲法の第1章「国家の基本原則」工藤 年博 編『ミャンマーの軍事政権の行方』 調査研究報告書 アジア経済研究所 2010年:補足資料「ミャンマー連邦共和国憲法(日本語訳)」から抜粋・引用)には、私たちの現・憲法と通じ合う次のような条文もあった。

「すべての国民は、憲法の規定する自由、平等、法の下の平等 等の権利を享受する」 (第21条(1))
「裁判所の許可なしに国民を24時間を超えて拘留してはならない」(第21条(2))
「公共の平和と安寧及び法と秩序の維持は国民の義務である」(第21条(3))

 

ことに、第21条(3)の「公共の平和と安寧及び法と秩序の維持は国民の義務である」という条文は輝いている。

『でも…』と思う。

今、私たちは、ミャンマーのこうした憲法が、あっけなく、無残に踏みにじられたことを知っている。

ひるがえって、日本においては、現・憲法を改定する必要があると考えるか、必要は無いと考えるか・・・人々にそんな問いかけが年中行事のように続けられている。
人々にそう問いかけ続け、答えを求め続けることの前提として、私たち自身が、現・憲法に掲げている”私たちの国のあるべき姿”を、日常的に不断に点検・維持・管理する必要がある。点検・維持・管理する義務がある。
その心構えを新たに強く刻みつけ、忘れないための”今日”なのではないか。
新聞社が「これでもか!」と作った紙面から、そんな思いにたどりついた5月3日だった。

 

~雨上がりの薔薇(5月2日 人魚姫の公園で)~

f:id:vgeruda:20210503202153j:plain

 

(↓「プリンセスアイコ」の名が記されていた薔薇)f:id:vgeruda:20210503202219j:plain                                                                                   

次は何を読めるのだろう?

 

 

動物農場』のあと、『人新世の「資本論」』を読んだ。
そして今日はネット上で、【 内田樹の研究室 「予言の書」としての『1984』  2021‐04‐27 mardi 】を読んだ。

読後の高揚感は、内田氏のインタヴュー記事が最も高かった。
自分が抱えているモヤモヤが、内田氏の視点と言葉でくっきりと変換され、整理されていくのが心地良かった。
(『動物農場』の読後の虚しい感情も、こんな風に自分の言葉で分析・整理できればなぁ…と思った。)

『人新世の「資本論」』では、その論の説き方に若々しいエネルギーを感じた。同時に、地球の…世界の…人間たちの…現実の手強さを感じないではいられなかった。

私自身は?と振り返る。
これまで浪費してきた人生を、より意味のある人生へとやり直すことはできない。
これからの時間を、より良い時間へと積み重ねてゆくしかない。

そして、小さな本のなかには、私の知らない世界が広がっている。
自分の小さな古ぼけた脳味噌だけに埋まっていると、貧しい時間の積み重ねで終わってゆくのだろう…読書する力を失ってしまっている今、そのことを肝に銘じる。

次は何を読めるのだろう?

 

f:id:vgeruda:20210427152538j:plainf:id:vgeruda:20210427152609j:plain

うつむいて咲く薔薇(4月26日 人魚姫の公園で):
その名前「Gruss an Teplitz」は「テプリッツへの挨拶」という意味らしい。宮沢賢治と華やかな真紅の薔薇…対照的に求めあう?という意味合いで、似合っているように思う。

 

f:id:vgeruda:20210427153240j:plain薔薇の花に囲まれた人魚姫の公園(4月27日 駅南口から)

夢幻となったチケット。

 

ガックリと肩を落とす…そのメールを読んだあと、ちょうどそんな感じになった。

そのメールは、4月末の歌舞伎座公演を中止するという知らせだった。
3度目の緊急事態宣言の火の粉が私の頭上にも降りかかったのだった。

延々とくすぶり続けるコロナ禍暮らしを補って余りある時間になるはずだった。
若い頃に密かに味わった歌舞伎の妖しい蜜の味を、もう一度なぞるはずだった。

天にものぼるような気持ちでチケットを手にしたのだった。
カレンダーに、その貴重な予定をいそいそと書き込んだのだった。

そのチケットこそ、玉三郎と孝夫(今は仁左衛門さんだけれど)による『桜姫東文章』。
若かった頃、海老蔵玉三郎が絡み合う『鳴神』の妖しさにおののいたように、玉三郎と孝夫の『桜姫東文章』も、きっと同じようであるに違いないと想像した。
過去の時間の魔力に導かれるように、その日を指折り数えて待っていた。
それなのに、その日は、突然に、儚く消えてしまった。

今はまだ強い未練にとらわれたままだ。

あるべき時間、手にするはずだった時間は、どこにも見当たらない。別の時間を探し出せたら、埋め合わせできるのだろうか。

 

f:id:vgeruda:20210425211646j:plain朝日・読売両紙の劇評の切り抜き。そして紙切れに変じた夢幻のチケット。

”忘れな草”と”忘れ草”

 

どうも、夢想と現実とは地続きのものであるらしい。
今日読んだ記事(汚職の履歴を顔認証で紐づけ。情報の「身体化」で実現したブラジル発のアプリ】佐藤達郎 2021年4月14日 Forbes JAPAN  )は、昨秋、私の脳味噌を横切った突飛な夢想(2020-10-30:世を欺く人を一晩で紫色に染め上げよ。を現実化した内容だった。

 

「……このアプリを入れたスマートフォンを政治家の顔にかざすと、顔認識技術によって、腐敗を示すパープルの色がつき、警告を発する。……」

 

腐敗を示すパープルの色…色まで同じなんだ…』

そして、思わず、この妖しいアプリが日本で現実に使われた場合を想像してしまった。(このアプリが国内に十分に出回ったならば、今秋までには実施されるはずの衆議院議員総選挙の結果も、ずいぶんと様変わりするのだろうな…とも想像した。)

古希に近づき、一層、頭の中に”忘れ草”が生い茂るばかりの私だけれど、来たるべき選挙では、ぜひとも紫色に染め上げられた不気味な顔を思い起こしつつ、私の大切な1票を投じるつもりだ。



f:id:vgeruda:20210415155729j:plain人魚姫公園の”忘れな草”(4月15日):このところ、買い物の行き帰りに、可憐な”忘れな草”に励まされている。

 

〔追記〕

歌人相模は、”忘れ草”(萱草)の歌を詠んでいる。
ニッコウキスゲに似た萱草……歌人相模は、その花の風情に眼を向けていたのだろうか? それとも、その”忘れ草”という名前を歌に引き寄せただけなのだろうか?

568 忘れ草 たねを心に まかせてや 我がためにしも 人のしげらす

                        (風間書房『相模集全釈』より) 

f:id:vgeruda:20210415210733j:plainヤブカンゾウ伊豆高原 2017年7月20日

 

 

 

 

 

 

『動物農場』を読んで。 

 

 

図書館で借りてきた『動物農場』は1943~44年に書かれた物語だった。
でも、そこに描かれているのは、私が今生きる21世紀の世界のことでもあった。

日本の総理大臣として、“森羅万象全て担当”、”議会については立法府の長”であると発言し、しっかりと司法人事に介入しつつ、法治国家の土台を崩し続けたA元首相。
また、ロシアの大統領・首相として20年以上を経ながら…彼もまた、永遠に”道半ば”の人なのだろうか?…この先、2036年まで続投可能となる(任期延長の)憲法改正を行ったとされるP大統領。
さらには、近隣国の最高指導者の一人であり、その振る舞いを空恐ろしく垣間見るだけのK総書記。

私はずっと、これらの国の政治指導者のあり方を思い浮かべながら、『動物農場』を読んだのだった。
そして、ジョージ・オーウェルの時代よりも、眼の前の世界はさらにややこしく、輪郭を失ってつかみ難くなってしまったことを感じて、何だかがっかりした。読書によって、励まされることなく、がっかりしたのだった。

次に読む本は『人新世の「資本論」』。
励まされる本だろうか? どうだろう?

 

f:id:vgeruda:20210408001649j:plainアスファルトから咲くスミレ:とっても元気でたくましい。働きづめだった”ボクサー”にも見せてあげたい。”ボクサー”にあんな死に方をさせてはいけない。

 

 

 

 

「東京長浜観音堂 OPEN」

 

先日、「東京長浜観音堂 OPEN」を知らせる案内状が届いた。
昨年秋、不忍池のほとりにあった「びわ湖長浜 KANNON HOUSE」が閉館することを知った時、あの小さな静かな空間が消えてしまうのか…と淋しい気持ちになった。なので、今夏から日本橋に、”長浜の観音堂”の新しい空間が生まれるという知らせが突然届いたことに、少しだけ驚き、次いで、光が射し込んだような感覚を味わった。

思えば、あの小さな静かな空間も、不思議な感覚なのだった。
首都のその中心部に、ぽっかりと、近江の国の小さな観音様がいらっしゃる空間が存在すること。小さな観音様と出会い、そこで生まれる何かしらの心のゆらめきを、自身に問い、そして観音様にも問いかけてみる…そうした”場”が、私たちを導くように用意されていること。

 

案内状には【…長浜の観音像とその背景にある「祈り」の文化を首都圏において発信し…】とある。

そうなのだ。誰も「人々の祈り」を犯すことはできない。無いものにすることはできない。無価値にすることはできない。そう強く思うことが最近あったのだった。

 

コロナ禍が続き、その出口は見えないまま。
日々の報道でミャンマーの惨状を知っても、何もできないまま。
焦りや苛立ちがさまざまにトグロを巻いている。
それでも、それらの澱も、祈りの場にあっては少しく鎮まってゆくはずだ。
夏になったら、日本橋に出向こう。そして、小さな観音様に問いかけてみよう。

 

f:id:vgeruda:20210403234217j:plain