enonaiehon

私の第三十四夜をつづります。

お彼岸の海辺

 

21日朝、目が覚めた時、のどのあたりで突然ヒューという音がした。『そろそろ喘息かな?』と思った。でも、まだ苦になるほどではない。いつまでも寝ていたい気持ちよさを、エイヤっと振り切って起き上がる。涼しい朝は嬉しい。

午前中に次兄の家に葡萄を届けたあと、いったん家に戻り、午後になって、再び海に向かった。怖がらずにどこまでも歩けるようになった。これも嬉しい。

季節が秋に移った今、心配なのは、緩みっぱなしの頭のほうだ。
ちょっとした何かを思い出そうとしても、その手がかりさえ浮かばず、何もつかめない…そんなことばかりだ。

常に白々と淡い靄がかかったような頭。
虚空のなかを悄然と漂う頭。
記憶していたこと、それをもとに考えること、その確かなネットワークを失った頭。

やれやれ。とりあえず、夏の疲れのせいにしておくしかないか。

 

お彼岸の海辺はいつになく、にぎわっていた。

浜辺にはフラの舞台が設えられて、多くの人がステージを見つめている。
やわらかな旋律、ゆるやかなリズム、やさしく伸びる腕、風に乗る指先。
薄曇りの空のもと、人々の時間もゆっくり流れているように見える。

波のなかには、黒い人影が群れなすように浮かんでいる。
波間に漂い、ゆっくりと上下する人影を見つめていると、その心地良い波の圧力、ほのかな水温が伝わってくるようだった。

ここでは、何も思い出す必要はなかった。思い出さなくても、どうでもよいのだった。ぼんやりと、空と波を見ているだけ…。

 

f:id:vgeruda:20190921220559j:plain

9月21日の海①

9月21日の海②f:id:vgeruda:20190921220620j:plain

9月21日の海③f:id:vgeruda:20190921220652j:plain

 

f:id:vgeruda:20190921220716j:plain

カニの甲羅の裏側? 両側の突起は?:
小指の先ほどの大きさ…白地に紫の斑点が広がる模様は、窯変天目茶碗のような?

 

「昔も月は 見しものを」

 

『定家八代抄』で、歌人相模の歌は15首採られている。

その15首目の歌。

_______________________________________

巻第十七 雑歌中

   題しらず

1601 眺めつつ 昔も月は 見しものを かくやは袖の ひまなかるべき                    

                                『千載和歌集

_______________________________________ 

               

      2019年9月14日の月                        

      f:id:vgeruda:20190914235859j:plain

 

 

 

 

 

  

 

 13日の金曜日…涼しい朝になった。
今度こそ、待ちに待った秋?

猛暑が終息した一方で、台風15号による停電被害は9日から進行中のままだ。
昨日初めて、停電に関する記事が夕刊の一面TOPとなった。
しかし今日は、完全復旧まで一週間以上の可能性、との報道も目にした。

停電5日目の今、まだ、平塚市の世帯数の2倍ほどの人々が、不安で不便な毎日を頑張っているのだ。

ふと、2011年春の計画停電を思い出す。予告されたわずかな時間の停電でさえ、私には大きな負担になった。完全な停電状態が2週間以上も続く生活など、とても耐えられそうにない。

今、台風が来る前に撮った写真を眺めながら、ようやく夏が遠のいた安らぎを感じている。心も体も脱力したままに。少しでも自分を役立てたい…そのエネルギーが湧きあがらないままに。

痛めた足もほぼ回復してきているのに。2011年のあの時は、体力の不安をねじふせて、石巻に向かう夜行バスに乗り込むことができたのに。

そして、今の私は、足手まといになるだけだから…と自分に言い訳をしている。

   

   図書館近くの公園で

   f:id:vgeruda:20190913145051j:plain

 

          f:id:vgeruda:20190913145208j:plain

          友人の畑で成ったオキナワスズメウリの実

台風が去って、被害の格差を知る

台風15号の被害の大きさを訴える声や現場のようすを、ネットのなかで知る3日間となった。

8日夜から9日朝にかけて、私は台風らしい雨風の音をほとんど聞かなかった。
朝になって、そろそろと窓を開けると、ベランダの床に大きなツタの葉が1枚だけ、吸いつくように落ちていた。
空は青空…『台風は平塚の空のどのあたりを通り過ぎていったのだろう?』

台風が通過する前夜、私はベランダの植木鉢を隅に寄せ、懐中電灯やラジオを用意し、飲み水を冷蔵庫に確保し…と、いつもの台風より身構えて過ごした。
そして一夜明け、目の前に台風の痕跡が見当たらないことをいぶかしく感じた。

昼になって、台風が上陸した関東地方の様子を心配した友人からメールをもらった。
「知らないうちに通過して…」と間の抜けた返事をする。
そのあと、鵠沼に住む人との電話で、藤沢では住宅の外観などにもそれなりの被害があるらしいこと、道路が混雑して車が渋滞していることを知る。
どうも、近隣の町では様子が違うらしい…と初めて思い至る。

そして、夕方に逢った平塚の友人の話は、前日に畑で一働きして台風に備えたことがほとんどだった。友人も私と同じように、不安を感じることなく、一夜を過ごしたのだった。

その後、今日まで、大島や千葉県などで、台風の被害がとても大きいことを知る。

こうした被害の地域格差が、今回の台風の印象をゆがめているのだろうか。
今朝開いた新聞の一面TOPに選ばれたのは「小泉氏、環境相で初入閣 文科相は萩生田氏」の報。
今回、報道の目や耳が、台風被害のさなかにある人々の困難な現況を訴えることなく、政権の人事の行方を追いかけていることを、虚しく映し出している。

台風が通過して3日目、猛暑の中でそれぞれの被害に向かい合う人々の今を思わずにいられない。人々の”今”は、私の”いつか”なんだ…そう思わずにいられない。

 

久しぶりの平塚の海



9月6日夕方、海に向かった。

私にとって、4か月ぶりの海だった。

浜辺にはカメラを手にした人々の姿…いつもとは違って、期待と予兆に満ちた浜辺。
みな、今日こそはダイヤモンド富士を、と待ち構えているのだった。
でも、西の空には雲が広がり、富士の姿はどこにも無い。

少しだけ足をかばいながら、砂丘を下り、波打ち際に向かう。

        f:id:vgeruda:20190907104350j:plain


久しぶりの平塚の海…広い…。

大島のかすかな青いシルエット。
繰り返す波の動き、響き。
夕陽の在処まで続く黄金色の波の道。
広い空には右半分だけの白い月。

いつものように変わらずにある海。

ここでは、すべてが充たされているように感じる。

 

     f:id:vgeruda:20190907104420j:plain                      

     f:id:vgeruda:20190907104439j:plain

 

波打ち際で、小さな小さな穴から素早く出入りを繰り返しているカニたち。
波とかくれんぼをしているようなカニたち。
自分の4か月の空白が、カニの穴のように波で満たされてゆく。

西空の雲は動きそうにはなかった。
再び、砂丘を渡る。名残り惜しいけれど、またいつか。

 

   コメツキガニ?(体のなかに浜砂が詰まっているような?)   

   f:id:vgeruda:20190907111005j:plain

   f:id:vgeruda:20190907113421j:plain

 

        f:id:vgeruda:20190907104627j:plain

        夏の名残りのノウゼンカズラ (海岸通りで)

 

 

 

「抗議はやめない」

            『朝日新聞』(2019年9月2日)から 

        f:id:vgeruda:20190903130501j:plain

                     

連日、香港のデモに関する新聞記事を目にする。

2日の朝刊の写真…地下鉄車両内で、追い詰められたように、扉下にうずくまる4人の若者の姿。若者の顔めがけて、催涙ガスが容赦なく噴射された瞬間の写真だった。
催涙ガスの太く白い軌跡が、その勢いの強さを物語っている。

何ともやりきれない気持ちになる。
カメラレンズはちょうど、噴射する側と同じ真正面から、防御姿勢の若者たちの姿を捉えている。カメラマンはどんな思いでシャッターを切ったのか…そんなことも思う。

3日の朝刊一面でも、”中高生「抗議はやめない」”の見出しと写真が掲載されていた。
当然、デモ参加者たちはとても若い。そして、恐怖や怒りや身構えるような表情の代わりに、無邪気な笑顔を撮られている。その若さ、明るさに救われる気持ちがした。


昔、”暴力装置”という言葉があることを知った時、得体の知れない不気味な力、人々を問答無用に押し潰す力への怖れを感じた。

そして、「抗議はやめない」とする香港の人々に牙を剥きはじめた”不気味な力”を眼にする今、日本においても、「抗議をやめない」人々が、権力者が発動する”暴力装置”に生身で向き合う時、決して無傷では済まされない…そのような流れが生まれているのでは?…そんなふうに思えてくる。

一方で、こうも思う。
「抗議をやめない」人々は怒り、怖れ、時に笑ったりする。仲間とともに。
その人々は”装置”じゃないからだ。
ひとりの人間として怒り、ひとりの人間として怖れ、ひとりの人間として笑い、ひとりの人間として「抗議をやめない」。ひとりひとりの仲間とともに。

”夏と秋と行き交う空”のもとで、香港の人々は、これから、どのような中秋節を迎えるのだろう。

 

 

 

 

 

街角の虹

 

八月も最後の日。
ぼんやりと過ごした3ヶ月をふり返る。
弛緩し続けた3ヶ月…しかも、そういう過ごし方が一番私の性分に合っている。それは、とても困ったことだ。
子どもの頃から、とりとめのないことを思い浮かべながら、ぼんやりと寝転がって飽きることがなかった。
大人になると、そんな”生き方”は許されるはずもない。真面目に生きていた時代もあったはずだけれど、今、再び、弛緩の季節が巡ってきたのか。それは、とても困ったことだ。
秋になったら、ネジを巻かなければ…巻けるだろうか。

 

街角の虹(2019年8月30日)f:id:vgeruda:20190831114102j:plain

 

(30日の夕方、買い物帰りの駅前で、ビルの合間に虹を見つけた。儚そうな虹だった。それでも家に戻り、カメラを持って再び駅前に。色はさらに淡くなっていた。虹は架け橋にはならず、立ち消えている。堕ちこぼれつつある私を、励ましてくれるような虹だった。帰宅後、虹の歌を探してみる。藤原定家が歌っている。 

「むら雲の 絶え間の空に 虹たちて 時雨過ぎぬる をちの山の端」
                               『玉葉和歌集

自然で、心地良い歌、と思った。最近手にした『定家八代抄』には収録されていない。定家自身にとっては、”秀歌”ではなかったのか…。)